自家製のヨーグルト

乳酸菌を意識していると思うのですが私自身自宅で乳酸菌を育てているのです。

何言ってるの?と言われるかもしれませんが、乳酸菌を育てているというとイメージが湧かないかもしれませんが

簡単な話ヨーグルトを自分で作っているんですよ。

とても美味しくてハマっちゃいます。

ただ常温で作るのである程度固まってきたらすぐに冷蔵庫にいれないと酸味が強くなって、とてもきつくなり食べるのがつらくなるのはちょっと・・・ね。

でもそういった時は、キムチと混ぜたり納豆などに入れるなどして発酵食品などと一緒に食べると本当においしくいただけるのですよ。

前にも言いましたがカレーライスの中に放り込んでも、とてもまろやかになって美味しいんです。

なんでもいろいろ経験してみないと分からないことがたくさんありますよね。それを考えるとヨーグルトって結構どんな食事でもあうというか、和食でも中華でも洋食でもたいていのものならあいますよ。

とくに洋食に至ってはいろいろな素材に混ぜてみたりもいいです。例えばコロッケなどでもいいのですが、ソースとしても利用することができるのでこれはまた美味です。

おいしくいただけてなおかつ乳酸菌がたっぷりとれるのですからこれほど嬉しいことありませんよね。

実際私は素人ですのでどのように調理すれば乳酸菌がたくさんとれるのか、またはこのように調理すると乳酸菌の効果が半減ししまうとかあるかもしれませんが、そんなことお構いなしにどんどんとお料理の中に取り入れています。

毎日習慣づけることが1番大事ですもんね。